LVSP/6111

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

生存報告とCD情報のお知らせとか 

生きてます

約4ヶ月ほぼ更新をしませんでしたSoUです、お久しぶり皆さん。
何故かと言えば身近な人は大体Twitterでやりとりできたり情報取得ができるからに尽きるだろうなー
twitttttttttterでSoUyarukinaiと検索すれば直ぐ見つかると思うので気になる人は覗いてみたい人はアクセスしてみるといいよ!
大体中身は悲惨でござる

日常はOtographic Musicでのデザインと夕方6時からの仕事を中心とした作業で日々忙しいんだかダラけているんだかよくわからない生活を送っています。

今日は伊豆から帰ってきました、伊豆には踊り子はいなかった!!!!
伊豆に関してはうなよしでうな充したのでそれで全て良し。

他には話すこともないんで告知にサクっと行きますよぉぉぉぉおおお

---------------------------------------------------------

Nhato - Tokyo Blue Pipe,Kyohei Akagawa - Aurobind/Kindheitのジャケットのアートワークやロゴ作成等で参加しているOtographic Musicから遂に待望のアルバムが発売されます!

Hiroyuki ODA - Thirty

oto_thirty

と言う事で皆さん待ちに待ったであろうODAさんのアーティストアルバムのリリース日が決定致しましたー、Otographic Musicでは予約が既に開始されています。

そして今回はlawy君と共にアートワーク、CDパッケージデザイン担当しています!

CDの発売日は9月8日(水)、Beatport,iTunes Store等のDLショップではCDより2週間遅れて9月22日(水)に発売します。

特典もCD,DL共に別々の物が付いています
CDはポストカード(変更の可能性も有ります)
DLショップではBonus TrackとしてDay Break,Amethyst
となっています、CDの収録時間の問題でBonus Trackに2曲になっているようです。

鼻そうめんP名義の曲しか知らない方も是非この機会にTranceクリエイター「Hiroyuki ODA」の曲を聴いて欲しいですねー
さあ、がんばって作業進めます!皆さんの手元にThirtyが無事届くように全力を尽くすのみ!!

以下OtographicのHPから転載
名実ともに日本のトランスシーンを代表するアーティストの一人、Hiroyuki ODAが遂にオリジナルアルバムをリリースする。

世界DJランク1位(07~09年、DJ Magazine調べ)に君臨し続けるArmin van Buurenに見出されたことがきっかけとなり、Armada Musicとの契約、Armin自身が監修するMix CD「A State Of Trance 2006」へ彼の楽曲が選出されるなど、日本人初の数々の偉業を成し遂げたHiroyuki。日本産トランスのクオリティの高さを世界中に知らしめ、国内のトランスシーンを牽引する存在となっただけでなく、初音ミクをフィーチャリングしたニコニコ動画での楽曲配信はクラブミュージックリスナーに留まらない熱烈な支持を獲得した。彼の活動は幅広い層のリスナーや、彼に憧れ後へ続こうとする多くのアーティストを生んだ。

本アルバムはHiroyuki ODAの集大成とも言え、前半はProgressive Trance、後半はアップリフティングなTranceで構成されている。アルバムの計画当初からずっと温められてきた「Thirty」、「Stargazer」、「Sound of Waves」、「Oceanus」、「Luminescence」。HiroyukiがOtographicへ移ってから追加した新曲「Submarine」、「Ionosphere」。クオリティに一層磨きがかかった最新曲「Light Velocity」、そして09年にArmada Musicにライセンスされ世界中で人気を博した「Yozora」。ファンから絶賛されながらも未発売であった「Amethyst」、「Daybreak」もボーナストラックとして収録。過去から現在まで、Hiroyukiの魅力を余すことなく味わえる内容となった。

日本のトランスシーンにとって記念となるこの大作を是非手に取ってもらいたい。

Otographic Music HP
スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
Music  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://sou6111.blog75.fc2.com/tb.php/39-aa66749e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。