LVSP/6111

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

8/3 Far East Garden Release!! 

いよいよ本日8/3にFar East Gardenがリリースされます、待ちに待った方も多々いると思いますが耳と目両方で楽しんでもらえればこれ幸い。

feg


音に関してはOtographicサイト内の思う存分書かれているのでここではデザインに関して少し書きます。
今回はフォトコラージュ的な手法で今まで全く手を付けてこなかった新しい方向に挑戦してみました。
Nhatoと話して決めていた段階では「退廃」が表現での主なテーマになっていてそこに色を付けてまとめるといった所でした。
元々組んでいた段階ではバックはもっと暗い質感にしようと思っていたんですが「FEG=日本」と言うこととメロの開放感が強烈なインパクトがあったのであまり暗い方向にシフトし過ぎない様にしてみました。
今回ライティング的なもの以外はほぼ全て実写から生成していると言ってもいいかもしれません、身近にある造形物や自然物で構成するFar East Gardenは僕の視点から吸収した日本になるかもしれません。

タイトルにかかっている帯も元は実写から作っています、色がどう見ても犬カレー的なアレの色みたいになってます。丁度やってましたし(マミッ


そんなこんななFar East GardenはOTO-010ということでナンバリングでは記念すべき10作目となります、それに合わせて最近なんだかゴタゴタしてるPixivに過去のArtworkをナンバー順にフルサイズ(2000*2000)で順次公開していきます。
同時にSegvensenses Recordingsに提供したArtwork2作も公開しました、凄く、懐かしい、です…。
lawyのArtworkは僕のアカウントから公開は多分しないと思うけどもしかするかもしれないので話しあってみようと思います。

Far East Garden詳細
Pixiv
Twitter「つぶやく」ボタン
スポンサーサイト
Music  :  trackback 0   :  comment 0  : 

Afterhours.FM Japan in the mix 001 


半年以上放置していたのでコレはまずいと思ったのとタイミングが丁度良かったので再開します、移転予定中ですが!

先日のTokyo BlissのチャリティーUstをご覧になった方ありがとうございました
最近Otographicでの活動が殆どになっていたのでオフィシャルの記事をツイートしてここを放置しまくりでした、多分ここへんな虫湧いてるだろ…


そんなことはいいんです常に時は動いているのです。
本日16時よりAfterhours.FMにて23時間に渡る日本人DJ特集番組「Japan in the mix」が放送されます。

今回はフライヤーデザインとDJでの参加!!
DJは日曜日の真昼間12時にMixが放送されます、サンデーランチタイムにあなたのお茶の間を爆撃!!!

今までも何度か日本にスポットを当てた特番ラジオショーはありましたが(そっちでもフライヤーだけやりました確か)ネットラジオ版2○時間テレビのような勢いだ…

フライヤーの数字は現地時間(CET)での表記になっているので日本用のタイムテーブルをOtographicから転載したものを以下に

jim

7月30日(土)
16:00 Shingo Nakamura
17:00 KOHSUKE
18:00 Kyohei Akagawa
19:00 Pinky Murakami
20:00 DJ KIA
21:00 Tomohiko Togashi
22:00 Tomoyuki Sakakida
23:00 KaNa

7月31日(日)
00:00 Kenji Sekiguchi (2 hours)
02:00 Nhato
03:00 Taishi
04:00 MK Leds
05:00 lawy
06:00 Blue-S
07:00 Space Garden
08:00 Keisuke Yanagisawa
09:00 Norio SP
10:00 KS-TRY
11:00 Hedonist
12:00 SoU
13:00 NECO
14:00 KIWAMU

ということで日本のTrance,Progressiveではお馴染みのレーベルやパーティ、その他にも実力派のアーティスト、DJも参加した非常に濃い内容になること必死のショーになっているので時間が許す限り聴きつづけたいですね。

Otographic Musicの公式記事はこちらになります
Twitter「つぶやく」ボタン
Music  :  trackback 0   :  comment 0  : 

はい負けです負けました 

twitterで気になったツイートを抜き出しただけなので意味はない。
NhatoとskypeでロックマンDASH2を実況してる最中記事を書いてます、Yarukinai。

更新が久々過ぎて空気どころか廃墟とか言われそうなレベルだな、Nhatoに今書かないと書かなくなるから書きなと急かされたよ。



Tranceを肴に呑む会の告知!
日時 11/28(日)15:00-19:00
場所 早稲田 茶箱

Tranceが好きなアーティスト、DJ、リスナー、全ての人が平等にTranceを肴に呑む単純な飲み会。それがTranceを肴に呑む会
略しやすいようにTrance Drunker、略してTD
TDは「Tranceをクラブで聴いてみたい、でも初めてだし少し怖い」「Trance界隈と面識がないので足を運びづらい」と言う貴方にも、お酒(もしくはソフトドリンク)に楽しい会話とTranceミュージックで貴方をもてなします!

そして今回はフードが強化して唐揚げの増量に加えてすじ煮富樫プレゼンツすじ煮もでるよ!

前回、予想を上回るカオスっぷりを見せただけに今回どんな事になるのか誰も想像がつかない。どうなるTD!?

※注意事項
再入場は原則出来ません。
フード(軽食)の用意は致しますが食事をしたいという方は事前に食事をとってから来るか終了後に食べに行くようにして下さい。


てことでTwitterをご覧の方は既に密かに盛り上がっていると思いますが28日は全力で行きますよおおおお!
お客さんがそこそこ入ってくるまでは今のスタイルを構築する要になったSoU自身の全盛期のTranceを勝手にかけ輝予定です、レコードなんか久々に持ち出してみちゃいますフフフ...
Twitter「つぶやく」ボタン
days  :  trackback 0   :  comment 0  : 

“KaNa – Flower of Snow”発売から“Hiroyuki ODA - Thirty”と今日のオトグラジオまで 

時間が空いたのでまとめて1つの記事で更新します、例の如くですが。

“KaNa – Flower of Snow”
随分時間がたってしまいましたが8月14日に“KaNa – Flower of Snow”がリリースされました。
アートワークを担当しました、また今回のはNhato - Tokyo Blue PipeやKyohei Akagawa - Aurobind / Kindheit でイラスト提供して頂いたErinaさんに、新たにFlower Of Snowのイメージを描き起こしてもらい、バックグラウンド構成と加工を僕がやりました。
KaNaさんからのお墨付きで非常にウケが良かったので冥利に尽きるってもんですね!

曲はピアノのメロラインが非常に綺麗でクラブミュージックにあまり触れたことの無い方にも聴きやすいトラックなので色々な人に聴いて欲しいです。
個人的にはKenji君、Nhato君、Taishi君と静岡旅に行った時にこれを聴いていて、3月末の春も間近に迫っていた季節に雪が降っていたのを非常に鮮明に覚えています。(しかも雪の所為で渋滞してた



Hiroyuki ODA - Thirtyについて
OtographicのHPをチェックしてたりTwitter見ている方は既に知っていると思いますが、Otographic Musicウェブサイト上の本作品の予約受付は、7月31日を以て終了しました。
予想以上の沢山の注文があったようで、Amazonの音楽ランキングでも僕が確認したところ最高130位まで伸びていました。
ジャケットデータに関しては紆余曲折あったりしなかったりですが無事完成品を待つのみとなりました。

初回特典の話ですが、アニメイト様、とらのあな様に置いていただくポスターと初回のポストカード、そしてジャケットのデザインは全て違います!!やっぱり特典なんだから全部同じでは味気ない、と言う事で何かしら違います。
興味のある方は上記のお店で購入してみて下さい、頑張りました、いやまだ頑張ってます最後の山はまだあるんですよ、デザイン以外の部分で。

ちなみに販売される店舗は
Amazon.co.jp, Beatport, iTunes Store ,アニメイト ,とらのあな, Audiojelly, Track it down(主要店舗のみ表記)
とのことです、デジタルは先日書いた記事通りCDの発売日より遅れての販売開始になります。



そして今日はオトグラジオの第3回です
今回の放送内容はFOSの発売記念と言う事でKaNaさんをゲストに迎えてKyohei君がメインパーソナリティーとして対談を行います。

タイムテーブルは以下の通り
19時~20時 Kyohei AkagawaとKaNaによる対談
20時~21時 KaNaによるリアルタイムDJ
21時~22時 Shingo NAKAMURAによるDJ(録音したものを放送します)
22時~23時 Kenji SekiguchiによるリアルタイムDJ

今回も見えない所で何かやったりしています、ツイッターの方で準備やらなにやら放送出来そうならツイットキャスティングかUstのアプリを使って皆の邪魔をする配信をしようと思います。

詳細についてはOtographic Musicをチェックしてみて下さい!
Twitter「つぶやく」ボタン
Music  :  trackback 0   :  comment 0  : 

生存報告とCD情報のお知らせとか 

生きてます

約4ヶ月ほぼ更新をしませんでしたSoUです、お久しぶり皆さん。
何故かと言えば身近な人は大体Twitterでやりとりできたり情報取得ができるからに尽きるだろうなー
twitttttttttterでSoUyarukinaiと検索すれば直ぐ見つかると思うので気になる人は覗いてみたい人はアクセスしてみるといいよ!
大体中身は悲惨でござる

日常はOtographic Musicでのデザインと夕方6時からの仕事を中心とした作業で日々忙しいんだかダラけているんだかよくわからない生活を送っています。

今日は伊豆から帰ってきました、伊豆には踊り子はいなかった!!!!
伊豆に関してはうなよしでうな充したのでそれで全て良し。

他には話すこともないんで告知にサクっと行きますよぉぉぉぉおおお

---------------------------------------------------------

Nhato - Tokyo Blue Pipe,Kyohei Akagawa - Aurobind/Kindheitのジャケットのアートワークやロゴ作成等で参加しているOtographic Musicから遂に待望のアルバムが発売されます!

Hiroyuki ODA - Thirty

oto_thirty

と言う事で皆さん待ちに待ったであろうODAさんのアーティストアルバムのリリース日が決定致しましたー、Otographic Musicでは予約が既に開始されています。

そして今回はlawy君と共にアートワーク、CDパッケージデザイン担当しています!

CDの発売日は9月8日(水)、Beatport,iTunes Store等のDLショップではCDより2週間遅れて9月22日(水)に発売します。

特典もCD,DL共に別々の物が付いています
CDはポストカード(変更の可能性も有ります)
DLショップではBonus TrackとしてDay Break,Amethyst
となっています、CDの収録時間の問題でBonus Trackに2曲になっているようです。

鼻そうめんP名義の曲しか知らない方も是非この機会にTranceクリエイター「Hiroyuki ODA」の曲を聴いて欲しいですねー
さあ、がんばって作業進めます!皆さんの手元にThirtyが無事届くように全力を尽くすのみ!!

以下OtographicのHPから転載
名実ともに日本のトランスシーンを代表するアーティストの一人、Hiroyuki ODAが遂にオリジナルアルバムをリリースする。

世界DJランク1位(07~09年、DJ Magazine調べ)に君臨し続けるArmin van Buurenに見出されたことがきっかけとなり、Armada Musicとの契約、Armin自身が監修するMix CD「A State Of Trance 2006」へ彼の楽曲が選出されるなど、日本人初の数々の偉業を成し遂げたHiroyuki。日本産トランスのクオリティの高さを世界中に知らしめ、国内のトランスシーンを牽引する存在となっただけでなく、初音ミクをフィーチャリングしたニコニコ動画での楽曲配信はクラブミュージックリスナーに留まらない熱烈な支持を獲得した。彼の活動は幅広い層のリスナーや、彼に憧れ後へ続こうとする多くのアーティストを生んだ。

本アルバムはHiroyuki ODAの集大成とも言え、前半はProgressive Trance、後半はアップリフティングなTranceで構成されている。アルバムの計画当初からずっと温められてきた「Thirty」、「Stargazer」、「Sound of Waves」、「Oceanus」、「Luminescence」。HiroyukiがOtographicへ移ってから追加した新曲「Submarine」、「Ionosphere」。クオリティに一層磨きがかかった最新曲「Light Velocity」、そして09年にArmada Musicにライセンスされ世界中で人気を博した「Yozora」。ファンから絶賛されながらも未発売であった「Amethyst」、「Daybreak」もボーナストラックとして収録。過去から現在まで、Hiroyukiの魅力を余すことなく味わえる内容となった。

日本のトランスシーンにとって記念となるこの大作を是非手に取ってもらいたい。

Otographic Music HP
Twitter「つぶやく」ボタン
Music  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。